霞関会ホームページにようこそ!
このサイトでは、外務本省・在外公館に勤務している、または勤務していた霞関会会員等が、国際情勢や外交について、その知見や経験に基づいて各個人の見解や分析を記述した寄稿文などを掲載しています。外交をより身近に感じていただければ幸いです。

お知らせ
◎新着記事紹介
昨年12月から1月にかけて、ウクライナ大統領訪米とその意義(英米メディアの視点)(川原英一 外務省参与)、<帰国大使は語る> 内戦を経て発展に向かうアフリカの資源大国・アンゴラ(丸橋次郎 前駐アンゴラ大使)、ロシア軍によるウクライナ侵略とポーランド(宮島昭夫 駐ポーランド大使)、予算と実績の面から開発協力の未来を考える―ODA実績拡大のための現実的シナリオの提示―(小島誠二 元駐タイ大使)、ロシアのウクライナ侵略が核問題に与える影響(佐野利男 内閣府原子力委員・元軍縮会議代表部大使)、エリザベス女王の思い出(林 景一 元駐英大使)、<帰国大使は語る>中東の安定した立憲君主国・ヨルダン(嶋﨑 郁 前駐ヨルダン大使)、EUが直面する最大の危機 ―エネルギー危機とその世界的影響―(正木靖  駐欧州連合日本政府代表部大使)、<帰国大使は語る>民族融和の道を歩むボスニア・ヘルツェゴビナ伊藤眞 前駐ボスニア・ヘルツェゴビナ大使)、<帰国大使は語る>太平洋に浮かぶ美しい親日的な島国・パラオ(柄澤彰 前駐パラオ日本国大使)、などを掲載しました。また、余談雑談書籍紹介なども新しい記事を掲載しました。(青字をクリックすると記事が読めます)


◎<帰国大使は語る>シリーズ
海外勤務を終えて帰国した特命全権大使がインタビュー形式で語ります。任国の特徴や魅力、在任中に経験した出来事や力を入れて取り組んだこと、日本との関係、在外勤務を通じて感じたことなどについて、最新の現地情報を交えながら紹介しています。大使インタビューをクリックして下さい。

更新記事一覧

1 49 50