◎特集:世界は中国をどう見ているか
 中国は、本年結党100周年を迎える中国共産党の統治の下、世界第2位の経済大国に発展するとともに、中華民族の復興を目指し、さまざまな分野で存在感を高めています。米中対立の行方やコロナ後の世界を見据えつつ、世界の国々が中国をどう捉え、どのような関係を築こうとしているのか、現地からの寄稿により順次紹介してまいります。

☞「時事コラム」(「オピニオン」のサブ・メニュー)のタブを  Click!

お知らせ
<第82回通常総会及び第425回臨時理事会について>

令和3年6月14日に開催された「第82回通常総会」(書面による議決)で新たに理事・監事が選任され、引き続き同日に開催された第425回臨時理事会にて篠田研次前常務理事が新理事長に選任されました。篠田新理事長のもと、霞関会一丸となって、「外交を身近に」という会の理念の推進に邁進する所存です。今後ともご支援の程、どうぞよろしくお願いいたします。


篠田新理事長からのご挨拶

<「シリーズ国際情勢講演会2021ー大使が語る外交の現場(共催:聖心女子大学)」のお知らせ>


毎年恒例の「シリーズ国際情勢講演会」(共催:聖心女子大学)を以下の要領で実施します。

講演タイトル:「国際情勢の見方-米中関係、北朝鮮」
講師:藤崎 一郎 元駐米大使
日時:11月13日(土) 14:00~15:30
場所:聖心女子大学4号館ワークショップルーム(オープンスタジオ)からZoomウェビナー配信

講演の後半には講師との対話の時間も設けられています
申込要領:開催前日までに以下のURLからお申込みください
https://forms.gle/Hxedftq1FqQgz5FC8


>霞関会事務局:直通電話 (03)3581-0597
過去の国際情勢講演会実績

更新記事一覧