◎特集:世界は中国をどう見ているか
 中国は、本年結党100周年を迎える中国共産党の統治の下、世界第2位の経済大国に発展するとともに、中華民族の復興を目指し、さまざまな分野で存在感を高めています。米中対立の行方やコロナ後の世界を見据えつつ、世界の国々が中国をどう捉え、どのような関係を築こうとしているのか、現地からの寄稿により順次紹介してまいります。

☞「時事コラム」(「オピニオン」のサブ・メニュー)のタブを  Click!

お知らせ
<「シリーズ国際情勢講演会ー外交の現場からー(共催:聖心女子大学)」中止のお知らせ>

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、秋期に延期して実施することとしておりました、「シリーズ国際情勢講演会―外交の現場からー」(共催:聖心女子大学)は、今日にいたるまで感染状況に終息の兆しが見えないことから、第1回(〜EUを観て、日本を考える〜)、第2回(~大統領選挙後のアメリカ(仮)~)とも、中止させていただくことになりました。


>霞関会事務局:直通電話 (03)3581-0597
過去の国際情勢講演会実績

更新記事一覧