霞関会(かすみがせきかい)とは

 霞関会は、外務大臣の設立許可を得て、昭和15年4月に「社団法人霞関会」として発足しました。その目的は、国の内外において国際事情を研究し、その研究成果の発表等の事業を行って国民の国際理解増進を図り、もって日本外交の発展に資すると共に会員相互間の親睦をはかるというもので、永年にわたって様々な活動を行っています。
 「社団法人霞関会」は、平成25年4月1日をもって公益法人改革三法に基づいた「一般社団法人」に移行し、定款と組織の一部を変更しました。 しかしながら、その目的と事業はこれまで通りであり、今後とも外務省OB会員による講演会や、ホームページを通じ国民に対する国際情勢と各国事情についての情報提供に努めてまいりますので、どうぞご活用下さい。


<沿 革>

昭和2年外務省に勤務する者の親睦会「かすみ会」設立
昭和13年6月1日「かすみ会」で「社団法人霞関会定款案」を発表し、賛同を得る(「かすみ会」の発展的解消)。
昭和14年5月25日「霞関会創立総会」において、「霞関会(かすみがせきかい)」設立が合意され、霞関会が法人化された時点で、「かすみ会」は自然消滅することとされる。
昭和15年(1940年)4月1日外務大臣の設立許可を得て、社団法人「霞関会(かすみがせきかい)」が成立。
平成25年(2013年)3月19日内閣総理大臣より、「一般社団法人」として認可され、同年4月1日より「一般社団法人 霞関会」として活動。
令和2年(2020年)4月霞関会創立80周年。

霞関会事務局連絡先
 〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1 外務省西別館
 直通電話:(03)3581-0597  FAX:(03)3580-8140
 Eメール:goiken@kasumigasekikai.or.jp