MENU
 

田中 修 著 世界を読み解く経済思想の授業 (日本実業出版社)を読んで

2011~2015年の中国経済 田中修著書.jpg
元駐中国大使 國廣 道彦

 この本の著者 田中 修(たなか おさむ)氏は20年ほど前に、北京の日本大使館
 経済部に参事官(財務担当)として4年間勤務して、中国経済の研究に取り組んだ。
 帰国後、信州大学教授、東京大学客員教授などを経て、2010年より財務省財務総合政策研究所副所長に就任している。
 その間、田中 修 氏は、中国経済の動向について一日も目を離すことなく、今日に至っている貴重な存在である。同氏は、職業柄、世界経済の動きについても注意を怠ることなく、世界の経済思想の流れについての解説を試みたのが本書である。
 我々世界経済に関心を有する者にとって絶好の入門書と言える。
 詳細な説明をする紙面がないが、日本の資本主義についての解説だけでも読む価値がある。