日・オマーン外交関係樹立40周年記念事業

photo_amb.jpg
駐オマーン大使 久枝 譲治

 2012年は我が国とオマーンの外交関係樹立40周年に当たることから、在オマーン日本大使館は、次の基本方針に基づいて種々の記念事業を実施しました。

1. 日本の伝統文化のみならず現代文化の魅力をも伝える
  内容とする。
2. 日本文化の発信にとどまらず、双方向の交流が行われる
  ことを目指す。
3. 公的予算の支出を最小限にとどめ、可能な限り民活を
  導入する。

 両国官民の協力、及び、メディアの高い関心もあって、40周年を飾るに相応しい充実した内容となり、両国間の相互理解と友好親善の促進に多大な成果を収めることができたと思います。以下、その主なものを紹介します。

1. 大型展示事業
大型展示の分野では、①「日本の広告写真展」(2月)、②「森田りえ子絵画展」(2月)、③「日本人形展」(11月)の三つを実施しました。特に①は、日本広告写真家協会が毎年本邦で主催する公募展「APAアウォード」の優秀作品約70点を展示するもので、我が国の優れた写真・印刷・広告技術のみならず、災害復興に向けての力強い取組みやモノ作りのパワーを強くアピールするものとなりました。

01 広告写真展開会.JPG
01 広告写真展開会式で主賓のスルタン・アル・ハーティ=マスカット市長(左)を迎える筆者。
03 森田りえ子展.JPG
02 森田りえ子絵画展開会式の模様。左からスポンサーのモハメッド・バフアン=バフアン・グループ会長、森田画伯、主賓のハイサム・アル・サイード殿下、筆者。
20121125-01.jpg
03 日本人形展


2. 伝統音楽公演
 伝統音楽の分野では、④「林英哲和太鼓公演」(3月)、⑤「ジャパン・ミュージック・プロジェクト」(6人の日本人演奏家による公演)(10月)、⑥「東儀秀樹コンサート」(10月)を実施しました。いずれも、知名度の高い超一流のアーチストによるもので、⑤は、昨年落成したロイヤル・オペラハウスを含む2会場で計3000名を超える聴衆を集めたこと、オマーン人演奏家とのコラボも行われたこと、⑥は、日本人音楽家の中に中東の伝統弦楽器ウードの奏者が含まれていたこと、⑦は、宮中雅楽、及び現代音楽の二つの魅力を紹介すると共に、宮中雅楽の煌びやかな衣装が話題となったことなどが特筆されます。


04 林英哲和太鼓公演.JPG
04 スルタン・カブース大学における林英哲和太鼓公演。
05 JMPコンサート.JPG
05 ジャパン・ミュージック・プロジェクト公演。
06 東儀秀樹コンサート.JPG
06 東儀秀樹コンサート。


3. 若者を対象とする事業(Jポップ)
 5月にマスカット市内の大学で⑧「日本文化祭」を開催し、漫画コンテスト、漫画展等の他、⑨「May J.のポップ・コンサート及びファン・ミーティング」を実施しました。May J. は、NHKワールド番組「J-MELO」の司会者兼歌手で、国際的知名度が高く、一連の行事は大人気を博しました。特筆されるのは、NHK取材チームが当地での彼女の活躍をロケして放映したことでした。
 更に、10月には、アニメ「NARUTO」などの製作で知られるプロデューサーの青木訓之氏,ディレクターの川崎博嗣氏を招き、市内の二つの大学で、⑩「日本アニメ祭」(ワークショップ、レクチャー、映画上映)を実施しました。オマーンには漫画やアニメが大好きという若者が多く、また、幼少時にテレビで「NARUTO」などのアニメに親しんだという大人もいて、このアニメ祭にも多くの人々が参集しました。

07 日本文化祭開会式.jpg
07 日本文化祭開会式でリボンカットをするMay J.。隣は筆者夫妻。
08 May J コンサート.jpg
08 コンサートで熱演するMay J.。
09 May J ファンミーティング.JPG
09 May J. ファン・ミーティング。
10 日本アニメ祭り.JPG
10 日本アニメ祭開会式でリボンカットをするファイサル・アル・サイード殿下。


4. クラシック音楽公演
 オマーンは、中東諸国の中でもクラシック音楽が盛んなことで知られていますが、我が国にはクラシック音楽の分野においても優れた才能があることを紹介するという観点から、⑪「日本人アーチストによるクラシック公演」を実施しました。当地を訪問した宗本舞(フルート)、鬼一薫(ソプラノ)及び城沙織(ピアノ)の3人は、いずれも海外で実績を有する有望な若手音楽家で、3回にわたる公演は、地元メディアの高い評価を得ました。

11 クラシック音楽公演.JPG
11 クラシック公演。左から城沙織、宗本舞、鬼一薫。


5. スポーツ交流
 両国サッカー協会の協力を得て、5月にラモス瑠偉監督率いるビーチ・サッカー日本代表チームをマスカットに招き、⑫ビーチ・サッカー親善試合「日本対オマーン」を実施しました。試合は、2対1で日本が惜敗しましたが、オマーンはビーチサッカーが盛んでファンも多いことから、大いにメディアの関心を集めました。この試合はまた、11月14日のサッカーW杯アジア最終予選「日本対オマーン」を盛り上げる効果もありました。更に、11月のW杯予選では、スタジアム内の特設会場で、オマーンのスポーツ大臣、情報大臣、両国サッカー協会会長他の出席を得て、⑬「両国外交関係樹立40周年記念ケーキ・カット及びレセプション」が実施されました。
 更に11月には、⑭「オマーン・センチュリーライド2012」(自転車ロード・レース)を実施し、アテネ・オリンピック銀メダリストの長塚智広選手を始め両国、及び外国から計120名を超えるサイクリストが参加して健脚を競い、友好を深めました。
12 ビーチサッカー ラモス監督.JPG
12 ビーチサッカー ラモス監督
13 サッカー・40周年ケーキカット.JPG
13 サッカー・40周年ケーキカット
14 Oman Century Ride.JPG
14 Oman Century Ride

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL