MENU
 

世界の国々

更新日:2013.03.04 大使館の窓から

駐ミクロネシア大使  鈴木 栄一ミクロネシアは、正式にはミクロネシア連邦というが、この国はかつて他の島とともに南洋群島と呼ばれていた。当時の日本政府の南進政策もあり、積極的な移民政策がとられ、1940年には、南洋群島は、 […]

更新日:2013.01.27 大使館の窓から

駐オマーン大使 久枝 譲治 2012年は我が国とオマーンの外交関係樹立40周年に当たることから、在オマーン日本大使館は、次の基本方針に基づいて種々の記念事業を実施しました。 1. 日本の伝統文化のみならず現代文化の魅力を […]

更新日:2012.12.11 大使館の窓から

駐スリランカ大使 粗 信仁 2009年に内戦が終了してからのスリランカの経済・社会の変貌の早さには驚かされます。 2010年、11年の経済成長率は8%以上、一人当たり所得は2,877ドルになりました。減速が見込まれている […]

更新日:2012.09.10 大使館の窓から

駐パラグアイ大使 神谷 武本年5月、フェルナンド・ルゴ大統領(当時)が、「パラグアイは三国同盟戦争の敗戦から未だに立ち直れないでいるが、日本は、敗戦からも、度重なる自然災害からも、復興を遂げている。その日本の伝統の力が何 […]

更新日:2012.07.12 大使館の窓から

駐コスタリカ大使 並木 芳治コスタリカは多種多彩な分野で世界や日本の模範となるべき優れた資質を有する国である。 コスタリカ憲政史上、女性初のチンチージャ大統領から着任時の表敬訪問で、「コスタリカは小さな国ですが、世界でも […]

更新日:2012.06.18 大使館の窓から

駐ルワンダ大使  畑中 邦夫 ルワンダという国を知っている日本人にとって、まず、最初に出てくるのは、「ジェノサイドの国でしょう?」という言葉だと思います。1994年4月から7月までの約100日間に80万人~100万人(1 […]

更新日:2012.05.28 大使館の窓から

駐シンガポール大使  鈴木 庸一つい最近まで、沸騰するアジアの象徴のような存在に今、変化が起きようとしている。開放と成長の路線をひたすら突き進んできたシンガポールが悩んでいる。しかし、シンガポールらしいのは、その悩みにす […]

更新日:2012.05.14 大使館の窓から

駐カタール大使 門司 健次郎 日本では、「ドーハの悲劇」や「アルジャジーラ」は知られていても,それがカタールと結び付けられることは滅多にありません。2022年ワールドカップの開催決定と昨年のサッカーアジア杯での日本の優勝 […]

更新日:2012.04.19 大使館の窓から

 駐アンゴラ大使 名井 良三かつてブラック・アフリカと呼ばれたサブサハラは豊富な資源に恵まれた地域です。近年、リーマン・ショックにより一時苦境に見まわれたものの、地域経済は5%前後という堅実な成長を続けています。 アンゴ […]