MENU
 

余談雑談

更新日:2016.04.13 余談雑談

元駐タイ大使 恩田 宗外務省に勤めると外国勤務がある。人にもよるが退職するまでに平均して7~8ヶ所でそこにそれぞれ2~3年程度というとこである。引越し1回は荷作り荷解き家の閉じ開けと2回の作業になる。新たな住まいを見つけ […]

更新日:2016.03.23 余談雑談

元駐タイ大使 恩田 宗ヒトラーは自分の名を冠した大博物館を作る計画を立て第二次世界大戦で占領した国の文化財を没収しドイツへ移送させた。米英軍は反攻当初より砲爆撃(自国軍によるものを含む)や暴徒による教会・博物館などの破壊 […]

更新日:2016.02.29 余談雑談

元駐タイ大使 恩田 宗 「梅見酒びんも小ぶりとなりにけり」脳梗塞で倒れリハビリ生活数年の後亡くなった友人の句である。明るくて成績が良くスポーツも上手な好漢だった。酒類は制限されていたらしい。日の当たる縁側に座り一人で梅見 […]

更新日:2016.02.01 余談雑談

元駐タイ大使 恩田 宗人生駆け出しのころ外国の任地から送った絵葉書を友人の一人が君からもらったものだが覚えているかと見せてくれた。外国がまだ遠かった時代で珍しい異国風景の絵葉書を方々に出した記憶がある。当時は海外視察に来 […]

更新日:2016.01.11 余談雑談

元駐タイ大使 恩田 宗「降る雪や明治は遠くなりにけり」は明治が終わって20年後の昭和6年に中村草田男が詠んだ句である。今年は昭和が終わって30年近くになる。昭和は明治より長く大戦争の前と後とで二つに割れているので仮に戦後 […]

更新日:2015.12.21 余談雑談

元駐タイ大使 恩田 宗 集団的自衛権の問題で憲法をどう解釈するかが議論になっている。  日本で憲法という言葉が最初に使われたのは聖徳太子の17条の憲法であるが今の憲法とは成立の背景も性格も違う。形成されつつあった官人層に […]

更新日:2015.11.30 余談雑談

元駐タイ大使 恩田 宗 外国人に日本語を教えていて困るのはオノマトペ(擬態語・擬音語)である。よろよろ ふらふら よたよた の違いなどを聞かれると往生する。普段これ等の言葉は獏とした語感で適当に使い分けていて概念的にその […]