MENU
 

時事コラム

更新日:2011.06.23 時事コラム

前駐大韓民国大使 重家俊範昨年の夏、約3年の勤務を終え、韓国から帰国した。日韓関係は、種々の問題を抱えながらも、着実に前進している。日韓の往来も、経済の停滞や為替レートなどの影響を受けて、年によって増減はあるが、年間50 […]

更新日:2011.06.11 時事コラム

元沖縄担当大使 橋本宏現在政府にとって最も緊急を要する国家的課題が東日本大震災からの復旧・復興であることは論を俟たない。同時に日本全体の中長期的発展のために取り組まなければならない喫緊の課題は他に多くあり、それらを放置し […]

更新日:2011.06.09 時事コラム

元カナダ大使  沼田 貞昭東日本大震災は、危機状況における日本の対外コミュニケーションについて3つの教訓を残した。 1.危機管理の当事者は、おびただしい噂とか憶測が飛び交う情報空間に果敢に飛び込んで、能動的にメッセージを […]

更新日:2011.05.25 時事コラム

元駐ナイジェリア大使 佐々木 高久今回の大災害で色々なことに感じ入った。それは被害者の内に秘めた底力であり、一般市民・アーチスト・スポーツ選手等の一過性でない支援活動、世界各国よりの心温まる各種支援、日本人を信頼し、激励 […]

更新日:2011.05.20 時事コラム

元駐デンマーク大使 小川郷太郎 大震災で見えたこと 国難ともいえる今度の大震災で、三つのことが国民の目にも明らかになったように思う。 ひとつは、日本人の持つ素晴らしい資質である。未曽有の大災害にあって冷静沈着に行動し、秩 […]

更新日:2011.05.09 時事コラム

遠藤哲也 元 原子力委員会委員長代理 どこかで事故が起これば、地球全体の事故になるとのことわざどおり、福島第一原子力発電所の事故は世界中に大きな衝撃を与えた。特に、事故が原子力先進国と自他共に許す日本で起こっただけに、そ […]

更新日:2011.04.21 時事コラム

前駐モロッコ大使 元国連工業開発機関(UNIDO)事務局次長 広瀬晴子未曾有の大震災、大津波、それに続く福島原発の事故から一月が過ぎ、東北の惨状は日々が経つにつれますますその悲惨さ、長引く避難所での不自由な生活、なかなか […]

更新日:2011.04.14 時事コラム

元外務審議官 株式会社日本総合研究所 国際戦略研究所理事長 田中 均 東日本大震災で失ったものはあまりに大きく、それを言葉に出すことすら躊躇してしまう。しかし、いつまでも頭をたれているわけにはいかない。大震災によって私た […]

更新日:2011.04.11 時事コラム

日本政府代表(中東地域及び欧州地域担当) 飯村 豊 大震災が起きる直前の2月下旬,私は政府代表としてシリア,イスラエル,パレスチナを訪れた。  今,世界で大きな地殻変動が起きつつある地域をあげよと云われれば,私は東アジア […]

更新日:2011.03.31 時事コラム

元駐スウェーデン大使  大塚清一郎未曾有の大震災が日本を襲ってから2週間が過ぎた。まずは、被災された方々には心からのお見舞いを、亡くなられた方々には謹んでお悔やみを申し上げたい。 危機管理には3つの要諦があると言われてい […]