MENU
 

時事コラム

更新日:2013.05.09 時事コラム

杏林大学外国語学部客員教授・前駐バチカン大使 上野 景文 史上初の中南米出身者として、3月に第266代ローマ法王に就任したフランシスコは、既にして、従来の常識を打ち破る形で、バチカンに新風を吹き込みつつあり、カトリック世 […]

更新日:2013.04.15 時事コラム

駐モンゴル大使 清水武則3月最後の週末を利用し、安倍総理がモンゴルを電撃訪問されました。 エルベグドルジ大統領、アルタンホヤグ首相、エンフボルド国家大会議議長等指導者と精力的な会談を行い、両国が、自由・民主、平和、助け合 […]

更新日:2013.03.07 時事コラム

元地球環境問題担当大使  西村 六善2006年、温暖化問題をめぐる国際交渉で格闘していたある日、突然知らない或る方の訪問を受けた。現在日本機械工業連合会の副会長をしている安本皓信氏だった。同氏は藪から棒に「温暖化の防止に […]

更新日:2013.02.14 時事コラム

元駐デンマーク大使 柔道家  小川郷太郎今般、やや遅まきながらも明るみに出た女子柔道日本代表チームの園田監督による暴力・パワハラ事件はそれ自体が根深い深刻な問題であるが、日本柔道界が抱える様々な問題の一部にすぎないことも […]

更新日:2012.07.26 時事コラム

元駐スロバキア大使  副島豊次郎欧州の債務危機・ユーロ危機は3年たっても収まるところを知らず、危機の深刻さを思えば、そもそもの欧州統合というものについても改めて少し考えをめぐらさざるをえない。 長年、欧州情勢を見守ってき […]

更新日:2012.05.31 時事コラム

元在ロシア大使館公使 河東哲夫プーチン「新」大統領は5月7日、不測の事態を恐れて人払いされ、無人になったモスクワの通りを車列で突っ切ると、中世さながらクレムリンの鐘が鳴り響く中、金で輝くゲオルギー大広間で就任式を行った。 […]

更新日:2012.02.23 時事コラム

元沖縄担当大使 橋本宏今般明らかにされた2006年のロードマップの見直しとパッケージの切り離しを巡って、政府に是非とも理解して貰いたいことがある。それは、好意的に見たとしても、多くの国民がこれを「米国の都合に日本が乗った […]

更新日:2011.11.10 時事コラム

前駐イラク大使 小川 正二「イラクの現状と将来」2011-4-11 論壇も合わせてお読みください。(霞関会編集部)1. 「アラブの春」の歴史的意味   昨年末にチュニジアにおいて政府への抗議行動により始まった中東における […]