MENU
 

時事コラム

更新日:2016.03.01 時事コラム

堀口松城 日本大学客員教授はじめに 中国が「九段線」によって主権ないし主権的権利を主張する海域は、南シナ海の約80%に相当するとされ、漁業などの影響を受ける周辺国や、海洋の自由および海洋における法の支配を主張するわが国な […]

更新日:2015.07.31 時事コラム

梅田 邦夫 駐ブラジル連邦共和国大使 1895年11月5日、パリにおいて「日伯修好通商航海条約」が署名され、外交関係が樹立されてから今年で120周年を迎えます。この機会に、①伯の現状、②日伯二国間関係、③外交関係樹立12 […]

更新日:2015.07.28 時事コラム

初代駐カザブスタン大使 松井 啓 2014年2月のロシアによるクリミヤ半島併合に異を唱え米欧は対ロ制裁を科し日本も同調し、ロシアはG8から外された。G7の結束を示すため日本が制裁に加わることは当然としても、ロシアの制裁反 […]

更新日:2015.06.01 時事コラム

三好 真理(領事局長)邦人を取り巻く国際環境の変化  2015年は、年初のパリ等でのイスラム過激派によるとみられる連続テロ事件で幕を開けました。仏にとっては過去50年間で最悪の17名の死者を出して、世界を震撼させました。 […]

更新日:2015.01.19 時事コラム

前駐チリ大使 村上秀德 2014年11月24日月曜日、チリ・サンチャゴのガブリエル・ミストラル・センターで「地域統合に関する対話;太平洋同盟とメルコスール」(Dialogo sobre Integracion Regio […]