MENU
 

時事コラム

更新日:2016.08.22 時事コラム

在エディンバラ総領事 松永 大介対照的な投票結果  6月23日に行われた英国における国民投票は、日本を含む全世界に大きな衝撃を与えた。大方の予想が僅差での残留勝利であったことも衝撃に輪をかけた。前代未聞の事態に直面して、 […]

更新日:2016.06.18 時事コラム

竹内 春久 前駐シンガポール大使 1966年4月26日、日本とシンガポールは外交関係を樹立した。2016年は外交関係50周年に当たる。これを記念して、4月26日には安倍総理とリー・シェンロン首相の間でメッセージが交わされ […]

更新日:2016.04.15 時事コラム

小川 郷太郎 元駐デンマーク大使 日米首脳による「相互献花外交」 4月11日、G7外相会議が行われ、ケリー米国務長官を含む先進7か国の外相がそろって原爆慰霊碑に献花した。原爆を投下した米国の現職の国務長官が慰霊碑を訪れる […]

更新日:2016.03.23 時事コラム

上野 景文 杏林大学客員教授 1.はじめに ―― 会談の実現 先月ついにローマ法王とモスクワ総主教の会談が実現した。国際社会は、(カトリック教会と正教会間の)「千年の別離」に終止符を打つべく行われたこの会談を好感した。そ […]

更新日:2016.03.01 時事コラム

堀口松城 日本大学客員教授はじめに 中国が「九段線」によって主権ないし主権的権利を主張する海域は、南シナ海の約80%に相当するとされ、漁業などの影響を受ける周辺国や、海洋の自由および海洋における法の支配を主張するわが国な […]

更新日:2015.07.31 時事コラム

梅田 邦夫 駐ブラジル連邦共和国大使 1895年11月5日、パリにおいて「日伯修好通商航海条約」が署名され、外交関係が樹立されてから今年で120周年を迎えます。この機会に、①伯の現状、②日伯二国間関係、③外交関係樹立12 […]

更新日:2015.07.28 時事コラム

初代駐カザブスタン大使 松井 啓 2014年2月のロシアによるクリミヤ半島併合に異を唱え米欧は対ロ制裁を科し日本も同調し、ロシアはG8から外された。G7の結束を示すため日本が制裁に加わることは当然としても、ロシアの制裁反 […]