習近平、宗教の「中国化」を標榜(キーワードは「グレー」)

元駐バチカン大使 文明論考家 上野 景文 1.はじめに ―― 宗教の「中国化」  欧州ではカトリック教徒数の減少に歯止めがかからない。かかる悩みを抱えるローマ・バチカン(以下、ローマ)にとり、人口13億人を抱える中国は、信徒数拡大と言う観点から高い魅力を有する。このため、ローマは、中国との関係改善〔外交関係復活(注1)、教会関連懸案改善〕を目し、かねてより、北京との協議を続けて来ている。特に、フランシスコ法王就任後、熱意と協議の頻度は高まっている。  ところが、最近、中国で、法王に「冷水」を浴びせるような展開があった。すなわち、昨年10月の第19次共産党大会における活動報告の中で、習近平総書記は、国政全般にわたり統制色を強める中で、宗教についても、「宗教が社会主義社会に適応するよう導く」、「宗教の『中国化』の方向を堅持する」と明言(注2)――つまり、党による宗教への「締めつけ」を強めると共に、外国の影響を抑えるということ――して、内外宗教関係者を憂欝にさせた。  以下本稿では、中国カトリック教会に焦点を絞り、同教会の「中国化」にこだわる北京と、ローマと中国の教会の間を繋ぐ絲を守りたいローマとの間の「せめぎ合い」が、習政権下どう展開するか、占う。 2.中国カトリック教会を巡る「矛盾」  先ず、教会の現状につきおさらいしておこう。中国のカトリック教会には、北京政府系の中国カトリック愛国会(CCPA)に属し、その管理に服する「公認教会」と、CCPAに属さず、あくまでローマ法王に従うことを旨とする「非公認教会(地下教会)」(注3)の二つの「異質な教会」が併存する(注4)。  北京は、全カトリック教会をCCPA傘下に入れたいところであるが、「地下教会」関係者の多くは、ローマとの繋がりにこだわりを持っており、抵抗感が強いことから、これまで北京は「ゴリ押し」を控えて来た。対するローマも、「地下教会」を支援したい思いであるが、当局の「壁」があって、ままならない。つまり、二つの異質な教会が併存するこの「矛盾」を、ローマも北京も「整理」出来ずにいる(注5)。 3.カトリック教会の「中国化」  では、習は「中国化」をどこまで進めるつもりか?英国のヘンリー8世が5世紀近く前にそうしたように、中国の教会をローマから完全に切り離し、「別人格の教会」にする(完全な中国化)つもりか?  実は、総書記は、既に数年前から、宗教の「中国化」へのこだわりを度々口にしている。加えて、2016年12月に、愈正声人民政治協商会議主席(党の序列No.4/当時)は中国カトリック全国代表会議(公認系の集会)での来賓挨拶で、「中国カトリック教会は、ローマから独立した形で運営されるべきだ」と発言したこと等に照らせば、習の念頭に、「中国のヘンリー8世」にならんとの思惑、排外的情念があっても、不思議はない。  で、「完全な中国化」をはかるのであれば、先ずは「公認教会」の「中国化」が課題となる。が、同教会の「中国化」は概ね達成済みだ。「公認教会」は、CCPAの傘下にあり、ローマ法王の傘下にないからだ。現に、司教の任命権は北京の手中にある(下記4参照)。従って、喫緊の課題は、「地下教会」の「中国化」だ。同教会をローマから「切り離す」方向で、今後北京は「ゴリ押し」に転じるものと見られる。  と言うのが、常識的見方であろう。にもかかわらず、習は、後述する事情もあり、当分は、「ゴリ押し(完全な中国化)」は控え、現状を維持するものと見る。 4....
2018年1月25日0 DownloadsDownload