book.gif



ARCHIVE 


2011年1月より霞関会のHPをリニューアルいたしました。

外務省OBまたは現役のみな様方のご協力で数々の寄稿文が
寄せられ、このページでカテゴリー別にして机の引き出しから

データを引き出すように収納していきたいと思います。 
書類はPDFで書庫にしまってございますのでどうぞご覧ください。


LinkIcon以下の項目をクリックするとカテゴリ別にリンクします。

bgaikou.pngbhoshou2.pngbshinsai.pngbagaikou.pngbchukintou.png
boushu.pngbkeizai.pngbkokusai.png

外交一般

o0320024010228598173.jpg『赤坂離宮七不思議』
『赤坂離宮七不思議』前迎賓館長 小林秀明氏  3月11日の東日本大震災が発生した時、私は迎賓館長在職中で、迎賓館(正式名は「迎賓館赤坂離宮」です)本館の横にあるプレハブ建ての事務所で、大きな揺れを体験しました。揺れが収まった後、私は、迎賓館の前庭に避難し、15分程様子を見た後、余震の発生が気になりつつも、建物の状態を調べるため、迎賓館の中に入りました。建物内部では、廊下の机の上に置かれていた陶器製の電気スタンドがいくつか床に落ちて壊れていた他は、殆ど被害らしいものは見当たりませんでした。 2011-12-15世界あちらこちら掲載LinkIcon
bks11082807530003-p1.jpg「上野景文著「バチカンの聖と俗」を読んで
「上野景文著「バチカンの聖と俗」を読んで
 元駐チェコ共和国大使 髙橋恒一氏  
2011年7月末に出版された上野景文著「バチカンの聖と俗」(かまくら春秋社)は、15年程前から文明・文化についての論考を発表してきた著者が2006年から4年間にわたるバチカン大使としての体験と観察を基に書き下ろした意欲作です。著者によれば本書は、バチカンについての概説書でも単なる体験記でもなく、「文明論としてバチカンに迫ることを試みたもの」ですが、その言葉どおりに著者がバチカンでの体験を通じて捉えたバチカン像が興味深いエピソードと供に種々の視点から鮮明に描き出されています。2011-10-03 世界あちらこちら掲載LinkIcon
MrUeno.gif宗教や過去の軽視からの脱皮(バチカンを通して日本を見る)』
宗教や過去の軽視からの脱皮(バチカンを通して日本を見る)』杏林大学外国語学部客員教授・前駐バチカン大使 上野 景文  昨秋帰国するまでの4年間、バチカンに勤務している間に---と言っても、実態はと言えば、ローマ市にいたのだが---「見えるようになった」ことが幾つかある。特に、世界各国の事情を観察する際、宗教と言う「補助線」が有用な場合があることや、バチカンは「過去」に徹底的にこだわる処だと言うことを見出だして、新鮮に感じた。しかも、これらの点は、日本の現状に関し「このままで良いのか」と振り返る材料を提供してくれているようでもあるので、右の二点を取り上げ、そのインプリケーションを探ってみることとした。 2011-7-21論壇

LinkIcon

mrshimauchi.JPG『わが国の新興国外交の在り方 -ブラジルの視点から』
『わが国の新興国外交の在り方 -ブラジルの視点から』前駐ブラジル大使 島内 憲氏平成18年9月より昨年9月まで丸4年ブラジルに在勤した。39年6か月の外務省生活で最も充実感、時には緊張感のある期間であった。ブラジルでの経験の詳細については、是非、別の機会に紹介させていただきたいと思っているが、ここでは、ブラジルから見た我が国の新興国外交の現状及び在り方について現場で考えたことや感じたことをご紹介したい。2011-4-28論壇LinkIcon
0072.jpg『平成21年8月末の衆議院総選挙に係る選挙無効請求事件について』
『平成21年8月末の衆議院総選挙に係る選挙無効請求事件について元外務省外務審議官、元最高裁判所判事、現在弁護士 福田 博 氏 
3月23日最高裁判所は、一昨年8月に行われた総選挙のうち選挙区制で行われた部分については違憲状態にあるとの判決を下した。判決言い渡しの際、裁判長(最高裁長官)が口頭で述べたところによれば、投票価値の平等に関する判決理由の骨子は、「本件選挙当時において、いわゆる区画審設置法3条2項の一人別枠方式に係る部分は、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っており、この基準に従って改正された公職選挙法に定める選挙区割りも、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っていた。
2011-3-31論壇LinkIcon
大塚誠一郎.JPG『「日本は第三の奇跡」を起こせるのか』
『「日本は第三の奇跡」を起こせるのか元駐スウェーデン大使 大塚誠一郎 氏 
危機管理には3つの要諦があると言われている。
第1が迅速、果敢な初動対応。第2は「悪いニュース」ほど迅速に正確に伝達することだ。特に、福島第一原発については、菅首相が震災の翌日、ヘリコプターで視察しことは「現場重視」という意味では良いとしても、その後の肝心な初動対応の遅さ、危機認識の甘さ、後手、後手の情報伝達等を見て、歯がゆい思いで事態を見守っているのは私だけではあるまい。2011-3-31時事コラムLinkIcon
mrogawa.png『外をみまおそう』
『外をみまわそう元デンマーク大使 小川郷太郎 氏 
最近の日本全体の内向き傾向は深刻だ。政治も、経済も、国民も、殆ど一億総視野狭窄状態に進んでいるかのように見える。国を主導すべき与党も野党も選挙配慮で動くばかりで、自ら描いた「国民の皆さま」の意向を念頭に互いに相手の足を引っ張り合う。社会保障制度が破綻しかけているのに消費税論議は先送りし、国の制度設計への行動はない。2011.01.01時事コラム掲載LinkIcon

安全保障・近隣国との関係

DSC_7670.jpg『普天間飛行場問題に真剣な対応を』
『普天間飛行場問題に真剣な対応を』元沖縄担当大使 橋本宏氏
在沖縄米軍基地の負担軽減が野田内閣にとって最優先の政治課題になる見通しであるとの報道が、この2,3日の間、主要紙を賑わせている。野田総理大臣は、先ずは政府部内の早期の意思統一が重要である、との基本的立場を取っている由。歓迎である。今度こそ政府と沖縄県との間で、パフォーマンスではない、実質的な対話が行われることを期待したい。
2011-9-12 時事コラム掲載LinkIcon176KB
mrshigeta.gif『日本の近隣国の国際法を含むルールへの姿勢』
『日本の近隣国の国際法を含むルールへの姿勢』(論)元国際情報局長、元駐イスラエル大使、元国際テロ対策担当大使 茂田 宏氏〔領土問題を中心として〕
領土問題は国家の基本に関する問題であり、法と歴史に基づき正当な主張はこれを堅持していくべきである。安易な妥協は我々の前の世代、後の世代に対する責任を考えれば出来ない。

2011-9-12 時事コラム掲載LinkIcon176KB

Fotolia_4602594_XL.jpg『サイバー戦争」は戦争か
『サイバー戦争」は戦争か国連代表部公使  前情報通信課長 中前隆博氏
最近「サイバー戦争」という言葉をよく見かけますが、コンピューターが近年どういう形で国際政治や安全保障に結びつけられるようになったのか大雑把ながらまとめてみたいと思います。なお本稿の中で主観的な記述にわたる部分は私の個人的な意見です。2011-9-8 (論)LinkIcon276KB
mrnumata.jpg『危機における対外コミュニケーションの教訓』
『危機における対外コミュニケーションの教訓』元カナダ大使  沼田 貞昭氏
東日本大震災は、危機状況における日本の対外コミュニケーションについて3つの教訓を残した。
危機管理の当事者は、おびただしい噂とか憶測が飛び交う情報空間に果敢に飛び込んで、能動的にメッセージを発出していくべし。
2011-6-9時事コラム掲載LinkIcon211KB
上田秀明.jpg『人間の安全保障』の発展(後編)
『人間の安全保障』の発展(前編)(後編)上田 秀明氏  前駐オーストラリア大使
「人間の安全保障」は、近年総理や外相の演説で日本外交の主要な柱の一つとしたびたび言及されている。ODA大綱の基本方針に謳われて、「人間の安全保障・草の根
無償協力」が実施されており、国連では2005年の首脳会議の宣言に明記され、日本の拠出による「人間の安全保障基金」が活用されている。
2011-5-20(前編) (論)LinkIcon343KB 2011-6-4(後編)(論)LinkIcon281KB
3.11.jpg『大震災のあとは外交も新たに』
『大震災のあとは外交も新たに元駐デンマーク大使 小川郷太郎氏
大震災で見えたこ 国難ともいえる今度の大震災で、三つのことが国民の目にも明らかになったように思う。
ひとつは、日本人の持つ素晴らしい資質である。未曽有の大災害にあって冷静沈着に行動し、秩序や礼節を守る日本人を世界中が驚き称賛した。さらに、日本は先端技術や製造技術、多様なジャンルの文化などで世界中の評価を受け、また核廃絶などの平和外交や世界中の途上国への援助(ODA)でもよく知られ、徳性のある国家だとも思われている。
2011-5-20時事コラム掲載LinkIcon276KB
mrkawato.jpg『北方領土問題、ロシアの「ソ連化」を許さず、じっくりと』
『北方領土問題、ロシアの「ソ連化」を許さず、じっくりと』
元在ロシア大使館公使 河東 哲夫元在ロシア大使館公使 元在ウズベキスタン・タジキスタン大使、早稲田大学客員教授河東 哲夫氏

昨年11月、メドベジェフ大統領が国後島に上陸して以来、北方領土問題が久々の関心を浴びている。これについて論じようと思うのだが、その前に今のロシアの状況、ロシアをめぐる国際情勢を復習しておきたい。相手を知ることがまず外交の第一歩であるので。

2011-2-24論壇掲載LinkIcon332KB

mrtanakagazo.gif『大震災からの復興―国際社会にも大震災からの復興―国際社会にも目配りを』
『大震災からの復興―国際社会にも目配りを』元外務審議官 株式会社日本総合研究所
国際戦略研究所理事長 田中 均氏
東日本大震災で失ったものはあまりに大きく、それを言葉に出すことすら躊躇してしまう。しかし、いつまでも頭をたれているわけにはいかない。大震災によって私たちが見えてきたものも多くある。これから何をしなければならないか、冷静に考えるべきだ。日本が取り組まなければならないのは、単なる「復興」ではなく、日本の「新生」である。
2011-4-14時事コラム掲載LinkIcon205KB
IMG_0002.jpg米軍基地問題に対する沖縄県民の意識 
『米軍基地問題に対する沖縄県民の意識』
元沖縄担当大使 橋本宏氏
昨年鳩山内閣の下で米海兵隊普天間飛行場の移設問題が取り上げられた際、同総理の口からしばしば「県民意識」という言葉が発せられた。小泉内閣時代に2年間にわたり、沖縄担当大使として那覇の外務省沖縄事務所(下記注参照)に勤務した経験のある筆者は、鳩山総理の言われた「県民意識」が現実とは相当大きく異なっているのではないかと、当時感じていた。
2011-2-10論壇掲載LinkIcon353KB
IMG2.jpg「密約」問題(1-4)
「密約」問題(1)-(4)
元駐米大使  栗山 尚一
去る3月9日、いわゆる「密約」問題に関する外務省の調査チームの報告書及びその内容を検証した有識者委員会(座長・北岡伸一東大教授)の報告書が公表された。両報告書の対象とされたのは、具体的に次の四事案である。
2011-1-1論壇掲載(1)-(2)LinkIcon344KB 2011-1-17論壇掲載(3)-(4)LinkIcon368KB


東日本大震災

P1010003.JPG『脱原発、減原発は日本の国益に適うか』
『脱原発、減原発は日本の国益に適うか』元原子力委員会 委員長代理 遠藤 哲也氏
エネルギーと食料は国家の経済活動と国民生活の根幹であるが、日本はその自給率が非常に低い。 特にエネルギーについては、自給率はわずか4%と先進国の中で最低の水準にある。それに島国であるから、近隣国から電力の融通を受けることが出来ない。このような状況の中で、原子力は日本のエネルギーの安全保障に大きな貢献をしている。
2011-7-21 論壇掲載LinkIcon234KB
2375.jpg『東日本大震災、外国からの支援に感謝を忘れずに』
『東日本大震災、外国からの支援に感謝を忘れずに』前駐モロッコ大使
元国連工業開発機関(UNIDO)事務局次長 広 瀬 晴 子氏
未曾有の大震災、大津波、それに続く福島原発の事故から一月が過ぎ、東北の惨状は日々が経つにつれますますその悲惨さ、長引く避難所での不自由な生活、なかなか先の見えない福島原発の事故の収束と放射能汚染の影響等々、胸の塞がれる思いである。

2011-4-21時事コラムLinkIcon223KB

mrsasaki.jpg『東日本大震災とアフリカからの支援』
『東日本大震災とアフリカからの支援』元駐ナイジェリア大使 佐々木 高久氏
回の大災害で色々なことに感じ入った。それは被害者の内に秘めた底力であり、一般市民・アーチスト・スポーツ選手等の一過性でない支援活動、世界各国よりの心温まる各種支援、日本人を信頼し、激励してくれた各国メデイアの報道である。

2011-5-25時事コラムLinkIcon234KB

アジア外交

kunihiroshi.gif『強大化する中国との関係を考える。』
『強大化する中国との関係を考える。』 元駐中国大使国広道彦氏
私が対中外交の第一線を退いてから16年経った。それなのにこれからの日中関係について正面から議論を試みるのはいささかおこがましさを感じる しかし、小泉政権の問靖国問題のために政治関係が不安定に過ぎ、その後は日本側で短期政権が続いて、安倍総理の時代に折角「戦略的互恵関係」に合意しながらその実現に弾みがつかなかった。

2011-6-10論壇掲載LinkIcon

indiachizu.jpg「インド官僚制度に思うこと」
「インド官僚制度に思うこと」前駐インド大使 榎 泰邦氏
今回のインド在勤を通じいくつかインドを羨ましいと思うことがあった。1960年代の高度成長時代の日本を彷彿とさせる経済活力と横溢する将来への楽観主義もその一つであったが、ちょうど日本で官僚バッシングが時代風潮とも言うべき時期に当っていただけに、国を支えているとの強烈な自意識とそれを可能にする制度的枠組みを持つインド官僚制度に対しては心から羨ましく感じた。

2011-6-18論壇掲載LinkIcon

中近東・アフリカ

小川正二.jpg『アラブの春」とイラク情勢』
『アラブの春」とイラク情勢』 前駐イラク大使 小川 正二氏
昨年末にチュニジアにおいて政府への抗議行動により始まった中東における民主化要求運動、所謂「アラブの春」はその後エジプト、リビア、シリア、イエーメン、バハレーン、ヨルダン等の諸国へと次々に広まっていったが、今回の政治的な運動は従来の中東には見られなかった歴史的な意味を持つものと言えよう。

2011-11-10時事コラム掲載LinkIcon

ugandaperl2.gif『アフリカの真珠・ウガンダの交通事情-活躍する日本車と歩く人々-』
『アフリカの真珠・ウガンダの交通事情-活躍する日本車と歩く人々-』 前駐ウガンダ大使 加藤圭一氏
かって、英国のチャーチル元首相が植民地担当大臣時代にウガンダを訪れ、ビクトリア湖をはじめとする多くの湖、緑に覆われた大地、ナイル河の雄大な流れや山々の美しさに魅了され、ここは「アフリカの真珠」であると語ったとされています。

2011-10-6世界あちらこちらに掲載LinkIcon

morokko.jpg『ミャンマーからモロッコへ:民主化運動を垣間見て』
『ミャンマーからモロッコへ:民主化運動を垣間見て』元赤十字国際委員会ミャンマー支部勤在モロッコ大使館専門調査員億 栄美氏
ミャンマーでも民主化運動に遭遇し、モロッコでも民主化運動に遭遇するとは夢にも思わなかった。私の赴任するところでは民主化運動が起こるのではないかと言う友人もいるほどだ。

2011-7-28世界あちらこちらに掲載LinkIcon

Iimuradaihyou.JPG『中 東 和 平』
『中 東 和 平』 日本政府代表(中東地域及び欧州地域担当) 飯村 豊氏
大震災が起きる直前の2月下旬,私は政府代表としてシリア、イスラエル、パレスチナを訪れた。
今、世界で大きな地殻変動が起きつつある地域をあげよと云われれば,私は東アジアと中東をあげる。

2011-4-11時事コラム掲載LinkIcon

Iraq records 017.jpg『イラクの現状と将来』
『イラクの現状と将来』前駐イラク大使 現在イラク関連ビジネスコンサルタント 小川 正二氏
筆者は昨年11月に駐イラク大使を最後に外務省を退職しましたが、外交官生活の最後の期間、イラクの戦後復興に深く関わってきました。最初は2004年から5年にかけてイラク、在サマーワ外務省連絡事務所長として自衛隊と共に南部イラクの人道、復興援助に関わり、そして2008年から約2年4か月に亘り駐イラク大使として首都バグダッドにおいて勤務しました。

2011-4-11論壇掲載LinkIcon

morokko.jpg『モロッコの想い出』--
『モロッコの想い出』--フェズの水時計--元駐モロッコ大使 広瀬晴子氏
2008年のある日BMCE(モロッコ輸出入銀行)基金理事長から、ラバトの日本大使あてに依頼状がきました。曰く、“フェズ1200年祭の
ミャンマーでも民主化運動に遭遇し、モロッコでも民主化運動に遭遇するとは夢にも思わなかった。私の赴任するところでは民主化運動が起こるのではないかと言う友人もいるほどだ。

2011-4-7世界あちらこちらに掲載LinkIcon

sunat.jpg『時間あれこれ』
『時間あれこれ』元カナダ大使 溝口 道郎氏
若い時は金(カネ)も時間もない、中年になると金はあるが時間がない、高齢になると時問はあるが金はない、といわれる。私も「金持ち」ならぬ。「時間持ち」になった今、時間について考えることがある。

2011-3-17世界あちらこちらに掲載LinkIcon

MrMiyake.jpg『誰もが知りたい』
『誰もが知りたい:チュニジア、エジプト、リビアに続く国はどこか?』 立命館大学客員教授・外交政策研究所代表 宮家邦彦氏
昨年の焼身自殺事件を発端にチュニジアで騒乱が起こり、1月14日ベン・アリ大統領は国外に脱出した。その後エジプトでも大規模デモが始まり、2月11日にはムバラク大統領も退陣した。世界の中東専門家も「意外にあっけない」と思ったことだろう。

2011-3-1時事コラム掲載LinkIcon

somaria.jpg『ソマリアの首都モガディシュでの一泊』 
『ソマリアの首都モガディシュでの一泊』 官房総務課長 金杉 憲治氏
昨今、ソマリアと言えば、同国を拠点とする海賊がアデン湾を中心に跳梁跋扈し、日本も含めた多くの国がそれぞれの艦船を派遣することで海賊問題への対処に努めていることが話題となっている。

2011-2-1世界あちらこちら掲載LinkIcon

imgiraq.gif『イラクで見栄を張った話 』
『イラクで見栄を張った話 』情報通信課長 中前 隆博氏
私の直近の在外赴任地イラクでの経験をもとに、小噺のようなものをいくつかご紹介させていただきます(登場人物の役職は全て当時のものです)。

2011-1-1時事コラム掲載LinkIcon

欧州その他

azerubain.jpgアゼルバイジャンをご存知ですか
『アゼルバイジャンをご存知ですか、-遠い親日の人々と石油の国-』 前川 恵 氏
筆者は、2010年1月から2011年11月末迄の約2年間、旧ソ連邦諸国の一つであり、カスピ海西岸に位置するアゼルバイジャン共和国の日本大使館専門調査員として勤務する機会を得た。日本では、同国の知名度はあまり高いとは言えず、現在の在留邦人数も40名弱に留まっているが、実は日本人に良く知られている有名人も輩出している国でもある。以下では、同国についての簡単な紹介と、筆者の2年間に亘る勤務において印象に残った点アゼルバイジャンをご存知ですかを述べてみたい
2012-1-10世界あちらこちら掲載LinkIcon
写真 小田野C_0668.jpg『EUと日本』
『EUと日本』前EU日本政府代表部特命全権大使 小田野 展丈氏
--親日的な島国、環境大国アイスランドから--
「嵐去り 後に残るは 優しき心」
絆サミットと名付けられた第20回日・EU定期首脳協議が5月28日にブリュッセルで開催されました。冒頭の句は、その首脳協議後の共同記者会見の際に俳句愛好家のファン=ロンパイ欧州大統領が詠んだと日本の新聞が報じたものです。大統領は東日本大震災の直後に日本政府代表部・大使館へ弔問の記帳に訪れました。

2011-9-01時事コラム掲載LinkIcon

4474204760_a32db6fd03.jpg「氷と火の国」
「氷と火の国」徒然随想在アイスランド臨時代理大使 夏目勝 弘氏
--親日的な島国、環境大国アイスランドから--
溶岩で濾過された美味な水と息を飲むような大自然2008年3月14日
深夜、人口わずか32万人弱、北海道と四国を合わせた程度の大きさの島国、アイスランドのケフラビーク空港に降り立つと、雲間の星々が寒々とした顔で出迎えてくれた。

2011-2-17世界あちらこちら掲載LinkIcon

DSC_0751.gif『NATOの新しい行動計画』
『NATOの新しい行動計画』元駐ベルギー大使 内藤昌平氏
-NATOの欧州回帰がもたらすわが国への影響-昨年11月下旬、わが国の主要紙はこぞってリスボンでのNATO首脳会議(11月19,20両日)を報道し、朝日新聞を除く全国紙はいずれも社説で「日本のNATOとの連携」を推奨した。
2011-1-1論壇掲載LinkIcon

経済・エネルギー

fukuishi.jpg『起業家』
『起 業 家』 
元駐ブルガリア大使日本カーボンファイナンス(株)特別顧問 福井宏一郎氏
今年も暮れになった。今年の「なでしこジャパン」の女子ワールドカップ優勝は快挙だった。澤穂希キャプテン以下の笑顔を思い起こすと気分が晴れやかになる。だが・・・全般的に日本が暗い。若い人に職がない。高齢化と人口減少でどこの地方都市も沈下する一方だ。国内では一人勝ちの東京でさえ長期的には人口が減る。将来に備えて何かを変えようにも、既得権益の壁をなかなか越えられない。

2011-12-22論壇掲載LinkIcon

shibasakishi.jpg『国際的に注目されるロシア農業の動向』
『国際的に注目されるロシア農業の動向道都大学名誉教授 元駐ソ連大使館参事官 柴崎 嘉之氏
ロシア政府は、2010年8月15日から同年末まで穀物(小麦、大麦、ライムギ、トウモロコシ、小麦粉等)を禁輸すると発表した。その後、禁輸(小麦粉を除く)を2011年6月末まで延期した。しかし、2011年産の作柄回復により、同年7月からは、禁輸が解除された。

2011-10-3論壇掲載LinkIcon

P1010003.JPG「福島原発事故の国際的な影響」
『福島原発事故の国際的な影響―原子力の安全には国境はない―』元原子力委員会委員長代理 遠藤 哲也氏
どこかで事故が起これば、地球全体の事故になるとのことわざどおり、福島第一原子力発電所の事故は世界中に大きな衝撃を与えた。特に、事故が原子力先進国と自他共に許す日本で起こっただけに、その影響は大きかった。

2011-5-9時事コラム掲載LinkIcon

IMG3.jpg『東日本大震災と地球環境問題』
『東日本大震災と地球環境問題』 元地球環境問題大使西村六善氏
目の前の事態を鳥瞰してみよう…エネルギー資源を他国に依存するのはそもそも危険だ。地球環境を守る為には
エネルギーの脱炭素化が必要だ。

2011-4-21論壇掲載LinkIcon

国際協力

mrkatoh3.jpg『体験的アフリカ協力論』
『体験的アフリカ協力論』 前ウガンダ大使 加藤圭一
アフリカの人々は、元来、農耕、牧畜を生業とした部族社会を形成し、自給自足の生活を営んできた。その後、植民地支配、1950年代から70年代にかけて殆どの国が独立を果たしたものの、東西冷戦に巻き込まれ、今またグローバル化された世界の中で生きていかなければならないという大きな変化と挑戦の時代にさしかかっている。

2011-9-14論壇掲載LinkIcon

mroshimajica.tif日本のアフリカ農業支援
『日本のアフリカ農業支援二題(1・2)』元国連大使、JICA副理事長 大島賢三氏
世界的な食料価格高騰が再び表面化し懸念を生んでいる。6月のG20農相会合で対策が話し合われる予定もあるようだ。筆者には農業や食料危機の問題を真正面から論じる資格はないが、開発協力の視点から、現在日本が関わっているアフリカに対する二つの大きな農業協力計画について紹介したい。本号では「コメ倍増計画」について、次号で日本とブラジルが協力してモザンビークで進める「三角協力」を取り上げたい。

2011-8-1/8-18論壇掲載LinkIcon

matsuitaishi.jpg最近の援助に一言
『最近の援助に一言』元科学技術協力担当大使、援助政策ウオッチャー 松井靖夫氏
外務省が去る6月に発表した今後の国際協力の在り方では、効果的な援助を進めるため、技術協力や資金協力を一体として進めるほか、NGOの重要性と開発コンサルタントの育成を強調している外務省が去る6月に発表した今後の国際協力の在り方では、効果的な援助を進めるため、技術協力や資金協力を一体として進めるほか、NGOの重要性と開発コンサルタントの育成を強調している。

2011-2-1時事コラム掲載LinkIcon